しみを薄くして若々しくなりたい女性の為のアンチエイジング対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

しみがなぜできてしまうかご存知でしょうか?その原因は3つあります。1つ目は紫外線の影響です。2つ目はストレスや喫煙などが要因となる活性酸素の発生です。3つ目はニキビ跡などの皮膚の炎症です。では、しみ・たるみを防ぐにはどうしたら良いか、肌を引き締める方法について、しみや肝斑の改善方法についての情報をまとめました。

しみやたるみはアンチエイジングの大敵

アンチエイジングにおいて、しみやたるみは大敵とも言える存在で、加齢を共に表れるこれらの現象は一度発症してしまうとなかなか消すのが大変なものです。特にしみは目の周りなどに表れやすいものですが、これがあるのと無いのとでは見た目の年齢に大きく差が生じてしまいます。

目の周りともなると、レーザー治療などで除去するのもなんとなく怖いという恐怖心を持つ方も多いでしょう。目はとても大事な部分ですから、失敗してしまったら大変な事になるとか、逆にしみが酷くなってしまったらどうしようかというような不安を持ってしまい除去する事に躊躇している方も少なくないのではないでしょうか。

しかし、現代の治療では患部と違うところに悪影響を与えるような事はありませんし、しみ治療は皮膚の内部までは働きかけてもそれ以上奥までは影響しません。皮膚の内部にレーザーを当ててしみの素になっているものを皮膚の上に浮き上がらせるという仕組みのものですから、内容をしっかり把握していれば恐怖心を持たずに治療にあたれます。

また、今は皮膚科などで肌をきれいに保つための飲み薬なども処方してもらう事が可能です。まずはそれを服用しながら様子を見てみるのもよいでしょう。

しみを改善してアンチエイジング

年を取ると、少しずつ肌の代謝が衰えてきます。ターンオーバーの周期も長くなり、古い細胞がいつまでも残るようになりますので、しみのリスクは高くなります。また、紫外線の記憶はずっと蓄積されていきますので、長年少しずつ溜まってきた紫外線の記憶がしみを引き起こすこともあります。そのため、年齢を重ねると共に肌トラブルを起こしやすくなりますので、アンチエイジング対策が必要になります。

ターンオーバーが乱れてきたら、まずは代謝を高めるケアをしなければなりません。最近の化粧品は優秀で、古い肌細胞がはがれ落ちるように促せるタイプも登場しています。使い続けるうちに瑞々しい細胞が増えていきますので、保水力が高まり、しみやしわも改善されていきます。

ターンオーバーを整えるのと同時に、しみの記憶をなかったことにするケアも有効です。紫外線によってメラニンを含む肌細胞が増えたとしても、それを分解したり排出したりすれば、しみとなって表れることはありません。

リスクが高まってきていると感じたら、メラニンを含む肌細胞を無くすためのケアを始めることが大切です。これらの対策を行っていると、しわやくすみにも効果が表れます。年齢による衰えをカバーすることができます。

しみを改善し肌を引き締めてアンチエイジング

しみができていると老けた印象を与えます。しみは肌中で生成されたメラニンが排出されずに長期間残ってしまうことで発生しますので、代謝機能に問題が起きている可能性も高くなります。代謝に問題が生じると、肌の保水力や潤いが低下しますので、たるんだりカサカサしたりします。そのため、引き締めケアが必要になるケースも多いようです。

自宅でのお手入れでも、保水力を高めて潤いを取り戻すようなケアを行えば少しずつ改善することができます。ただし、自宅でのケアでは効果がゆっくりと表れますので、納得できるような状態になるまでにはかなりの期間がかかります。その間にまた新たなトラブルが発生して症状がプラスされてしまうケースも多いので、しみやたるみが表れたら日常のケアや生活習慣を見直してみる必要があります。

専門家の力を借りる場合には、レーザー治療がおすすめです。皮膚科に行くと、レーザー治療によりしみやしわ、たるみを改善することができます。費用は少しかかりますが、短い期間で大きな効果をあげるものですので、結果を急いでいる時に利用したい方法です。レーザーの他にも、外用薬や内服薬でしみにアプローチする方法もありますので、まずは相談してみることが大切です。

肌に優しいエイジングケアでしみ対策

エイジングケアを始めるなら、まず最初に肌に負担をかけていることを挙げ、それらの習慣を止めなければなりません。いくら優れた効能を持つ化粧水や美容液を使っていても、肌に悪い習慣を続けていれば効果も半減してしまいます。

しみ対策では、紫外線対策を徹底するべきです。年齢を重ねるとどうしてもメラニン色素を含む肌細胞の排出が遅れ、しみのリスクが高くなってしまいます。浴びる紫外線の量を減らすことができればメラニンの生成量自体が減りますので、しみのリスクが下がります。外出をする時にはUVカット機能のある化粧品を利用し、日傘や帽子を活用することも大切です。こうした日々の積み重ねが、後々の肌の状態を左右します。

どんなに気をつけていても、まったく紫外線を浴びないというわけにはいきません。紫外線を浴びれば当然メラニンは生成されますので、それを排出させるために肌代謝を高める必要があります。

効果的なのはビタミンCですが、ビタミンCは肌への吸収率が悪いのでビタミンC誘導体を利用した方が効果的です。外側からのケアだけでなく、果物や緑黄色野菜を利用した内側からのケアも忘れてはいけません。必要に応じてサプリメントを服用するのも有効です。

しみや肝斑は飲み薬で改善

しみはアンチエイジングの大敵であり女性としては出来る限り避けたいものです。紫外線から肌を守ったりする事によって多少は抑えられますが簡単ではありません。しかし最近ではしみも皮膚科や美容外科などで簡単に除去出来るようになっており、痛みを感じる事もなく除去する事が可能です。

しかしその治療をした後は一週間近く患部が茶色くほくろのようになってしまいますから、仕事や学校に行くのに少々苦労してしまうものです。休みがなかなかとれないという人は少しずつ治すという意味で飲んで治していくという薬もありますから、そういったものを活用するのも良いでしょう。

また肝斑などのように、小さな黒ずみが点々と散らばった状態のしみにもこういった服用する薬は有効です。いくつも散らばっているとなかなかレーザーで除去するのも難しいものです。広範囲に照射するとなると余計な部分にも負担を掛ける事になりますから、サプリ感覚で飲める薬を活用して少しずつ治していくのが最適です。

即効性はやはりレーザー治療に比べると劣りますが、何もせずに放っておけば更に悪化して手が付けられない状態になる可能性もありますから、すぐに出来る対処法としては良いのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加