寝相が原因!?しわの原理を徹底解剖しよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

しわができるは生活習慣が大きく影響してきます。寝相がしわに影響するのは本当なのかどうか、加齢によって発生するしわについて、睡眠としわの関係性、しわがあると実年齢より老けて見える理由についての情報をまとめました。

しわと寝相の関係はあるか

夜のスキンケアを終えたときには、肌がとても潤っており満足した状態の人も多いでしょう。そして、朝を迎えたときに、鏡を見て唖然としたことがある人も決して少なくないはずです。朝になるとくっきりとしわが見えていてどうしようかと思ったことがある人は多いのではないでしょうか。

夜寝る前は、しわがほとんど目立っていなかったのに、どうして目立つようになってしまったのか、心当たりはありませんか。通常は、夜の間に肌が作られるので、朝になれば肌の状態が良くなっているはずです。それなのに、かえって朝の顔のほうが老けていると感じるのはショックを受けてしまうでしょう。

どのような寝相をしているのかは自覚していますか。寝ている間に顔が横を向いたりしてしまうと、お肉が押しつぶされることもあり、その状態が長時間続くとはっきりとしたしわが残ってしまいます。だから、朝になると目立つようになってしまうのです。

改善するためには、できれば寝相を変えることです。なるべく寝ている間は、仰向けに寝るほうがいいのですが、それではどうしても眠れないのならば、サージカルテープを気になるところに貼って、しわができないように予防しておくと良いかもしれません。

老化現象によってしわを発生させる原理

しわは、真皮や角質層などが劣化したり、あるいは脂肪や筋肉などが減ってたるみを発生させる原理によって説明できる老化現象です。セラミドという細胞間脂質が減ってしまうと、水分の蒸発を招きやすくなります。セラミドにしても、コラーゲンにしても加齢とともに減ってしまう特性があるため、年配の人は意識的に摂取してしわを予防することが大切です。

自分の肌に合わない化粧品によって刺激を与えたり、紫外線を受けることでもダメージを受けます。老化は20代の人にも生じるようになるため、早い段階から皮膚のケアを行うことが重要です。野外スポーツが好きな人は、予想以上に肌を傷めていることがあります。20代からしわが目立つようになれば相当なショックとなりますから、早めの対策を行うほうが自分のためになります。

皮膚の細胞は新陳代謝を繰り返す原理のおかげで、老廃物を排出して若返りを進めることができます。ところが、新陳代謝を促進させるための栄養成分がなければ、皮膚は老化の一途をたどります。そのままにしておくよりも、多品目で栄養が豊かな料理を食べて皮膚を再生させたほうが得策です。魚や肉からはコラーゲンやタンパク質を摂取して、野菜や果物からはビタミンCを多く摂取すると効果的です。

加齢と老化によって発生してしまうしわ

しわは老化現象によって作られるもので、加齢によって誰でも発生させてしまいます。老化を食い止めれば不老不死を意味することになりますが、当然ながら不可能です。老化は防げませんが、遅らせることはできるため、しわの発生具合には個人差があります。

若いときから無理をして肌を傷めてしまった人の場合は、加齢とともにしわもひどくなる傾向があります。肌の内部では水分が適量に保たれることで、ハリや弾力を保っていますが、水分バランスが極度に崩れてしまえば、皮膚の表面は陥没してしまいます。潤いを失ってしまえば、若い年齢であってもしわが目立つようになることもあります。

加齢をすることは仕方がないことですが、老化のスピードはできるだけ緩やかにしたいものです。老化を漸進的にしていくためには、血行を良くするビタミンを摂取することも大切です。真皮の潤いを保つために、コラーゲンは絶対に不足させないようにすることが必須です。

コラーゲンの生成を助けるビタミンCをサプリメントからも補うようにして、紫外線を影響を除去することも大事です。加齢と老化は一緒に訪れる現象ですから、無理に抵抗しないで諦めてしまう場合もあります。諦めてしまうよりも、できるだけ努力をして、肌の年齢を若返らせたほうが人生が明るくなります。

何歳から発生するかで個人差があるしわ

何歳からしわが目立つようになるかについては、人それぞれに個人差があります。見た目の年齢と実際の年齢に大きな違いがあることが多いわけは、しわの進行具合によって印象が全く違ってしまうからです。老化が進行すれば必ず発生する現象ではありますが、美容に自信がある人は皮膚の水分を巧みに保つことで若々しさを維持しています。

何歳から皮膚のケアを始めればいいのかで悩むこともありますが、できるだけ早いうちから行ったほうが自分のためになります。若いうちから肌を酷使するようなことをすれば、皮膚の細胞は悲鳴を上げてしまいます。健康な人であれば皮膚は常に新陳代謝を繰り返して、老化を遅らせる機能が働いていますが、肌が不健康になれば若くてもしわが目立つようになります。

しわを予防するためには、紫外線の対策を若いときから行うことが必須です。外で活動することが多い人の場合は、日焼けには特に注意する必要があります。野菜の摂取量が極端に少ない食生活をしていると、美肌成分となるビタミンCやビタミンAが不足してしまうため、野菜ジュースなどを飲んで対処すると効果的です。さらに、コラーゲンやセラミドをしっかりと蓄えて、筋肉を衰えさせないことも重要です。

あまり知られていない睡眠としわの関係

しわの原因は、紫外線や加齢によるコラーゲンの減少、乾燥などが挙げられますが、睡眠も大きく係わっていることは案外知られていないようです。睡眠中の様々な行動が、さらなるしわを増やしている場合があります。自分の行動で当てはまるものがないか、この機会にチェックしてみてはいかがでしょう。

一つ目は、睡眠中に顔をしかめるという行為です。ストレスを抱えながら眠りにつくと、無意識のうちに眉間にしわを寄せたまま眠りについてしまいます。それが、朝になっても消えずに残ってしまうのです。二つ目は、いびきをかくという行為です。いびきをかいているという事は、無呼吸状態であるということなので、体に十分に酸素が行き渡りません。それが、しわを作る要因となってしまいます。

三つめは、うつぶせで寝るという行為です。枕に顔をくっつけてうつぶせで寝ると、顔がくしゃくしゃになった状態を長く続けることになります。繰り返し行うことによって、くせがついてそのまま定着してしまうことになります。これらの行為でいくつか当てはまるものがある場合は、知らず知らずのうちにしわを作っている可能性があります。原因を取り除いて、しわを作らない美容に良い睡眠をとるよう心がけましょう。

しわと睡眠の関係性

しわと睡眠には密接な関係があります。美肌には睡眠が大切という事は多くの方が知っておられるでしょうが、しわとどのような関係があるのかと疑問に思われる方もいらっしゃるでしょう。まずは両者の間にどのような関係があるのかということについてご説明いたします。

私たちの肌は寝ている間に活発に細胞分裂を繰り返しています。眠りが浅く起きている状態に近い状態と深い眠りの状態が、眠り始めてから最初に現れる時間帯である約3時間の間に、細胞分裂に欠かせない成長ホルモンが分泌されます。つまり生活リズムが乱れてしまっていると、この成長ホルモンの分泌は行われにくくなります。

一般的に睡眠時間は6時間から8時間が理想とされていますが、しわの少ない美肌を維持するには、睡眠時間の合計時間が大切であることはもちろん、お肌にとって良いゴールデンタイムの頃に、眠りについていることが大切です。お肌に良いとされるゴールデンタイムの時間帯は、夜の10時から夜中の2時ごろとされています。

この時間帯は昼間傷ついてしまったお肌の修復時間にもなっており、成長ホルモンも活発に分泌されます。生活リズムが乱れるなとしてこの時間に起きているという事は、睡眠不足というだけでなく、成長ホルモンの分泌も行われず、肌の修復も行われないという事になります。

実年齢よりも老けてみえてしまうしわ

女性にとって、肌の衰えは受け入れたくない事実であり大きな悩みです。顔のしわが増えていくにつれて、実年齢よりも老けてみられてしまったら、とても悲しいですよね。しわは何歳くらいから出来ていくのか、どんな対策が必要なのかを知っておいたほうがいいでしょう。

まだまだ老化を感じさせない20代。しかし、見えないところで老化はどんどんはじまっているそうです。ちょっとショックで驚きですね。細胞が衰えはじめ新陳代謝のスピードが遅くなっていき、肌の各種機能が少しずつ下がっていきます。お肌の曲がり角は25歳なんていいますが、肌の表面に衰えが出はじめてしまうのが25歳くらいなのだそうです。

もちろん、個人差もありますしお手入れの仕方で老化を遅らせることは可能です。30代になると、お肌のコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸の弾力成分や天然保湿成分がかなり減少してしまいます。表情や乾燥によるしわがだんだん深くなっていき、目尻に放射状に現れるしわが出る人が急増します。

新陳代謝のスピードが遅くなり、細胞の入れ替えが少なくなることが原因なので、体内にコラーゲンを取り入れたり、紫外線で肌のコラーゲンを切断されないように日焼けに気を付けるなど、していきましょう。40代、50代になった時に、若い頃のお手入れとケアで肌に差が出てしまいますので、年齢に負けずいつまでも美しくいるためには、早めの対策をしていきましょう。

男性のしわを改善する方法

男性は、皮脂の分泌が活発なため、しわができにくい状態になっています。ただし、生活のスタイルによって、深いしわができやすくなるため普段の生活にも気を付けるようにしましょう。まず、男性のしわについては、普段の食生活に影響される形でできやすくなってしまいます。

食事の際に、油っぽいものや肉類を多く摂取してしまうと、体内が酸化してしまいしわをはじめとする老化現象が起こりやすくなってしまうのです。食事の偏りがある方は、普段の食事から気を付けてみるとよいでしょう。さらに、男性は喫煙や飲酒の習慣がある方も多く、これが原因でお肌の老化も加速してしまいます。

喫煙していると、体が酸素不足に陥ってしまい、肌に栄養分が届きにくくなってしまいます。飲酒を行っている場合についても、体に老廃物や毒素が溜まってしまい、お肌に充分な栄養が届きにくくなりしわの原因となってしまうのです。

男性が美肌になりたいと考えたときには、直接的なケアだけではなく、バランスの良い食事を摂取するようにしたり、飲酒や喫煙といった生活習慣を改めるように気を付けてみるとよいでしょう。
普段の生活習慣を改めれば、気軽に美肌になりやすくなってくるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加