知っておきたい!たるみを予防する方法について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

久々に会った友人に、「なんだか老けた?」なんて言われたことはありませんか?老けた印象というのは、顔のたるみが原因です。まだたるみが気にならない方も、すでの気になっている方にも役立つたるみの予防について、新陳代謝やビタミンの必要性についてまとめました。

たるみを防止する方法

顔がたるんでしまうと、一気に老けた印象になってしまいます。年齢のせいだと諦める前に、防止する方法を実践しましょう。ます、顔のたるみの原因は、皮膚の中のコラーゲンが減少し、繊維組織が伸びてしまうために起こります。ですから、防ぐためには、伸びた組織を元に戻す必要があります。

そのために、お顔のエクササイズを行いましょう。やり方は、「あいうえお」と大きく口を動かしながら行うという簡単なものです。息を吐きながら行い、目も大きく開いて行うと、顔全体の筋肉を使うので、リフトアップ効果があります。たるみは、ある日突然起こるわけではなく、日々の積み重ねで、少しずつ少しずつ蓄積していきます。

エクササイズを一日やっても、すぐには回復しませんが、毎日行うことで防止することが可能です。また、頬杖をついたり、スマートフォンを操作するために、長時間下を向いているのも、たるみの原因になってしまいます。日常の何気ない習慣も、顔に影響を及ぼしてしまいます。

顔の筋肉は動かさないと、どんどん固まってしまいます。意識して、顔の筋肉を大きく動かすようにしましょう。身体はつながっているので、背筋や首の運動を行うこともたるみに効果的です。

新陳代謝を促進してたるみを防ぐ

同じ年代でも若く見える人、老けて見える人がありますが、この差は肌の若さによるところも大きいものがあります。年齢を重ねても肌が若い人もあれば、たるみやシワが増え老けて見える場合もあります。若々しさを保つためにはたるみの改善を考えていく必要があります。

まず、肌がたるんでしまう原因としてはコラーゲンやエラスチンの減少があげられますので、化粧品や食品で補うことも考えてみましょう。たるみが増えてしまう原因としては新陳代謝の衰えがあげられます。年齢とともに新陳代謝の機能は落ちていく傾向がありますが、こうした代謝を活性化させることも若い肌作りには欠かすことができません。

代謝をアップさせる方法としては、血行を促進させることがあげられます。運動で全身の血流を良くすることも良いですし、お風呂で温める、体を冷やす食べ物や飲み物も血行を悪くするので控えましょう。マッサージも血行を促進させてたるみを防ぐのに役立ってくれます。そしてマッサージを行うとリンパの流れも良くなり、余計な水分が排出されますので、それだけでもリフトアップ効果を得ることもできます。

マッサージは手軽に行えて有効なお手入れですが、強い力で行うとさらに肌を傷めてしまいますので気をつけます。摩擦を抑えるためにもすべりを良くするためのマッサージクリームなども活用してみましょう。

たるみが気になる時期とは

肌のトラブルの中でもたるみが気になってくる時期というのは、一般的に30歳を境にすることが多いようです。20代後半からたるみが気になりはじめるようですが、この年代から意識してケアしていく人が増えてくるのはどうしてなのでしょうか。

この時期の体の変化として知られているのが、女性ホルモンやコラーゲン、ヒアルロン酸といった美容に関する成分が減少していく時期にちょうどさしかかる年代ということがわかります。たとえば、肌の弾力に欠かせないコラーゲンは、よく化粧品や美容サプリに配合されていますが、20代後半からだんだんと減少していきます。

そのため、今までと同じスキンケアをしていると、どうしても老けたように感じてしまいます。そのため、この時期になると、たるみやシワなどが気になるようになってしまうのです。こうした肌トラブルの対策としておすすめなのが、不足しがりな成分をしっかりと補ってあげることが大切になってきます。

食生活でいえば、ビタミン類が豊富に含まれている野菜やフルーツを積極的に摂取するようにしたり、なかなか実践することができないのであれば、代わりにサプリメントで補ってもいいと思います。スキンケアは年代によってケア方法が違ってきますので、ご自身の肌にあった方法を見つけてたるみ改善をしていくことが大切になってきます。

たるみと肌の弾力と。

たるみの原因となるのが、肌の弾力不足です。肌のハリや弾力を支えているのは、肌の真皮の部分にあるコラーゲンです。コラーゲンは、網状になって肌の表皮を支えるコラーゲンの一種で、10代の間は肌の中に豊富に存在します。ですが、コラーゲンは20歳を超えた辺りから、年齢と共に徐々に減少をしていく事になります。

ですから、いつまでもハリのある若々しい肌でいたいと考えるのであれば、コラーゲンを守る事を意識する事が大切です。紫外線によっても壊れる成分なので、日常的に日焼け止めを使って紫外線ケアをする事はコラーゲンを守る事、そしてたるみ予防に繋がります。

更に、コラーゲンをしっかりと作る栄養素の摂取もお勧めです。コラーゲンといえば、ゼラチン等、コラーゲンそのものを摂取する事を考える人は少なくないでしょう。ですが、口から摂取したコラーゲンが肌に届くのは、ほんの僅かです。

それよりも、たるみ予防を考えたら、コラーゲンの生成を高めるビタミンC等のビタミンを積極的に摂取する事がお勧めです。特にビタミンCは、コラーゲン生成だけでなく、活性酸素の働きの抑制、更に美白にも効果があります。ですから、たるみのない綺麗な肌でいたいと考えたら、積極的なビタミン摂取がお勧めです。

たるみ予防と改善に役立つビタミン類

しわの原因にもなる肌のたるみを防ぐには紫外線予防や保湿といったスキンケアの他に、皮膚が受けたダメージを速やかに修復し健やかに保つビタミンなどの栄養素を摂ることが必要不可欠です。一般的に肌に良いと言われるビタミンはレモン等の柑橘系の果物に多く含まれているビタミンCですが、肉類や豆類に含まれるBやEもまたたるみを防ぎハリのある美肌を保つのに欠かせません。

美肌やたるみ予防のためにこれらの栄養素を摂るときのコツは、どれか一種類を摂り続けるよりも全種類をまんべんなく摂取することです。そうすることで相乗効果が生まれ、より早く多くの効果が期待できるのです。しかしビタミンの中には水溶性や脂溶性とあり、過剰摂取に注意が必要なものもありますので、それらの栄養を多く含む食品の食べるときやサプリメントの利用するときには十分気をつけましょう。

肌をたるませないためにできることは、食品やサプリメントを使った内側からのケアだけではありません。スキンケア用品や化粧品のなかにも、肌に良いビタミンが配合されているものがあります。このようなアイテムを用いて外側からもお手入れをすれば、たるみ予防や改善の効果も実感しやすくなるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加