困ってからでは遅い!エステは契約前の確認をしっかりと!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エステサロンでは施術を受ける前に、サロン側と客側が契約書を交わす必要がありますが、その際に書類の内容をよく確認しないで済ませてしまう方がいます。コース契約後エステサロンが倒産でお金が戻ってこない…。やキャンセル料が高く発生した…。などあとから困らないためにもエステサロンの契約時に参考になる事をいくつかまとめてみました。

エステのコースをクーリングオフするには

エステで高額のコースや長期間にわたるコースをその場の雰囲気で契約し、後になって後悔したりするときがあります。そのようなときには、契約をなかったことにして、お金を全額返金してもらえる制度があります。これをクーリングオフといいます。クーリングオフするにはどんな条件でも良いというわけではなく、可能な条件というものがいくつかあります。

契約した日から8日以内であるということ、契約期間が1ヶ月以上ということ、契約金額が5万円以上ということがあげられます。やり方は、期間内に書面でエステ店に契約を解除するという内容を、書いて送るだけで完了です。届いているかいないかでトラブルになることがあるので、郵便局の簡易書留で送り、控えをきちんと保管しておきましょう。書面送付後に、書面に書いた返金振込口座に入金されることとなります。

エステ店に出向き契約を解除したい理由などを言う必要なく、簡単に返金を求められるので、是非覚えておきたい制度です。また、契約から8日以上たっていても、契約期間内であれば料金精算は発生しますが、中途解約もできます。

施術を受けてしまっていても、同様に料金精算後の中途解約が可能です。エステ店で納得のいかない契約をしてしまったり、後から後悔してしまったときには、悩まないでこのクーリングオフ制度を利用してお金を取り戻せることを知っておいて下さい。

エステの中途解約について

エステで解約したい場合、法定の契約書面が交付されてから8日以内のものであれば、クーリングオフ制度が適用できるので、損害賠償や違約金を支払う必要はありません。しかし、それ以外の場合では、中途解約をしなければならない場合があります。また、中途解約するには条件があります。

条件とは、契約期間が1か月を超えていたり、エステサロンとの契約金額が、関連商品や入会金を含めて総額5万円を超えていたりした場合に中途解約をすることができます。そして、その契約に含まれているサプリメントや化粧品、下着などの販売契約も同様に契約解除することができます。

ただし、契約の関連商品に関しては、いつ、どのような状態で返却するかによって別の規定が適用される場合があります。さらに、契約通りのサービスが提供されていない場合で、クレジットカードで支払いを行っている場合には、クレジットカード会社に申し出て、支払いを断ることができることもあります。

クーリングオフ制度では書面による通知が有効ですが、中途契約の場合、まずサロンに口頭で伝えてみます。そこで悪質な対応をされた場合には、書面で手続きを行う必要があります。最近では、エステなどを中途で解約することを主に扱っている行政書士事務所などもあるので、そのような専門の人などに依頼して解約する方法もあります。

エステを辞めたい場合には

エステのコースを契約したものの、自分に合わないなどの事情でまだ数回分残っていても辞めたい場合もあるかと思います。この場合はやめられるのでしょうか。エステサロンの中には気にならない場合には全額返金サービスをしている場合もあります、このようなところなら気に入らなければ解約し、残りの施術料金は全て返金してもらえるのです。

もちろんなぜ辞めたいのかを聞かれると思いますが、あくまでもこれは品質の向上のために聞いているだけですので気にせずに答えましょう。逆に返金サービスをしていないところでは返金してもらえないのでしょうか。この場合は返金してもらえません。というのもエステを回数分受ける権利があるからです。どうしても通いたくない場合には残りの回数分を残して後は通わないという方法もあります。

あまりにもエステの質がひどすぎたことが原因でやめたい、返金もしてもらいたいという場合には法律家に相談してみるのもいいでしょう。もしもサロンとの和解が成立すれば返金してもらえますし訴えを起こす必要がありません。実際にこのようなことが原因で訴訟問題にまで発展したケースもあります。そうならないためにもあらかじめ返金保証のあるサロンを利用するのがいいでしょう。

エステの契約書は大切です

エステで施術を受ける前には、契約を行いますが結ぶ前には契約書もしっかりと確認しておくことが大切になります。契約書というと難しいことが書いてあり、読まない方も多いですが内容もわからずそのまま契約するとトラブルにもなり兼ねません。契約書で確認するポイントは、書かれているコースなどの内容が正しいかを最初に調べます。

契約内容と違うときには、直ぐに訂正しましょう。そして、契約の期限や変更、休会や中途解約などが出来るかも重要です。途中で病気などになってエステに通えなくなったときに、休会や途中解約は出来るかや途中でコース内容の変更は可能かなども確認しておきます。他には、クーリングオフ制度や契約に含まれている料金なども見ておきましょう。

入会金や更新料金、施術で使う化粧品などの費用は、コースに含まれているかなども重要です。また、滅多にありませんが倒産した場合などに全額返金は可能かや、他の理由でも返金はしてもらえるかなども確認しておきましょう。

また、料金によっては契約書が不要になることもあります。これは、5万円以下で1ヶ月未満のコースや5万円以上だが1ヶ月未満のコース、1ヶ月以上だが5万円以下のコースになります。これ以外のコースでない場合は、悪徳サロンの可能性もありますから最初によく相談し調べておきましょう。

エステの契約をする前に、きちんと確認を

エステサロンの施術を受ける際は、その前にサロン側と客側が契約書を交わす必要があります。その際に、書類の内容をよく確認しないで済ませてしまう方がいますが、正式に契約をする前に重要項目をちゃんと読んでおかないと、後になって困るはめになりかねません。

途中で通うのを辞めたりサロンが倒産したりしても顧客に返金はない、料金の分割払いはなく一括払いのみしか受け付けていないなどの内容になっていて、支払い時や途中解約時にサロンとトラブルになってしまうこともあるためです。

自分でトラブルを避けるためにも、エステの契約書類は重要項目はチェックすべきです。チェックするべき重要項目は、料金・入会や途中解約・施術コースプラン・アフターフォローについてになります。

支払方法は分割払いもOKなのか追加料金が出てこないか、入会時に施術料金以外に入会金が要るのかと途中解約時に返金してもらえるか、コースプランが自分が選んだ施術のもので申し込まれているか、エステサロンが万が一倒産した場合に顧客への返金保証はあるのかは大切ですので目を通しておくようにします。書類内容が正しいと判断できた上で、ハンコは押すようにしましょう。エステは安いものではないので、信頼できるサロンを選びましょう。

キャンセルしても安心なエステサロン

エステはキャンセルをするとキャンセル料が発生してしまうサロンがほとんどです。だから予約している日に急に仕事になってしまったり。体調が悪くなってしまうとどうしようと感じます。余計な費用が発生してしまうことは勿体ないです。だからこそ余計な費用が掛からないお得に利用できるサロンを選ぶべきです。

エステの中には当日のキャンセルでも料金がかからないところもあります。料金がかからなければ自分の予定を大切にすることができて安心して通うことができます。キャンセル料がかからないサロンなら、忙しいからと言ってきれいになることを諦める必要がありません。

体調が悪くなっても無理に行くことがないのでいつでも気持ちよく通うことができます。そして財布にも優しいので安心できます。エステに通えば美を保つことができて自分に自信が持てます。いつまでも若々しくいることができて、周りに差をつけることができます。

スタイルもよくなってすっきりとスカートもパンツも着こなせます。だからファッションに幅も広がって洋服選びが楽しくなります。気分を明るくさせてくれて前向きになれるからお得なサロンを選んで通うといつまでもきれいな自分でいられます。

エステサロンで選べる支払方法

エステサロンは高額な費用がかかるため支払方法で悩みますが、ローンも利用できますし都度払いや現金払いも可能です。施術内容によって費用は違いますが、50万円以上かかることもありますのでローンは強い味方になります。一方でエステサロンによってシステムが異なるため、ローンを利用する際には注意も必要です。

ローンでは返金ができない場合や、返金が可能でも戻る金額が少ないなどサロンによってシステムが変わります。脱毛サロンでは全額返金制度を採用するところもありますので、返金システムのメリットで選ぶことも大切です。都度払いでは行った時にだけ支払う仕組みとなりますので、経済状況を見て通えるメリットがあります。

しかし経済性を重視すると施術が進まずに効果が出にくくなりますので注意も必要です。都度払いといっても中には分割払いの方式をとる月額制のエステサロンもありますので、その場合には都度払いのメリットは無くなってしまいます。

現金で支払える場合には一括で払うことも可能ですが、都度払いにすれば返金のトラブルが少なくなります。支払方法にはそれぞれにメリットもあればデメリットもありますが、トラブルが少ないように返金保証があるエステサロンを選ぶことが大切です。

エステのローンを活用しよう

エステはコースともなるとかなり高額になります。一括では支払えない方も多いのではと思いますが、この時に活用できるのがローンです。分割払いにできるので今すぐにまとまったお金が用意できない方でもエステが受けられます。

エステサロンは信販会社と提携しているので簡単な手続きだけでローンが利用できますので、自分で独自にキャッシングからお金を借りるよりも面倒さがありません。ただしローンは利息が付きますので気を付けてください。銀行などに比べると少し高くなりますが、他の信販系と比較してみると決して金利が高いわけではありません。

また利用には審査がありますので場合によっては利用できなくなることもあります。比較的エステと提携しているローンの場合は審査に通りやすいのですが、過去にキャッシングの返済が滞った事のある方や踏み倒しをした方は気を付けてください。

基本的には保証人などは不要ですので誰にも知られずに契約できるのがいいところです。貯金をしてから契約をしたりその都度払いのエステを受けるのもいいのですが、コースの方が料金的にもお得になりますし、しっかりと通えるために確実にきれいになります。行きたい時が一番ベストなタイミングです。

エステが倒産した場合には返金されますか

もしもエステで複数回のコースを契約しあとエステサロンが倒産してしまった場合は残った分が返金されるのでしょうか。実は残念なことに残った分は返金されないことがほとんどです。というのも倒産した会社には支払い能力が無いからです、自己破産をした場合には一円たりとも支払ってもらえません。

クレジットカードで支払った場合、まだクレジットの引き落としがされていない場合にはそのまま引き落としされないのかと言いますとされます。全く施術を受けていなくてもクレジットカード会社はエステサロンにお金を支払っているために引き落とされてしまうのです。

またローンの場合でも同じになります。今後も全く受けられないエステのために支払い続けなければいけません。会社を刑事告訴できるのかと言えばそれもかなり難しいものです。最初から倒産させるつもりで経営をしているのであれば詐欺にあたりますがそうでない場合は債務不履行になるからです。

ですのでそうならないためにもあまり有名でないサロンではできるだけ高額なコースの契約をしないほうがいいでしょう、どしても施術を受けたい場合にはその都度払いをするようにしてください。コースの方が安くなりますがほんの少しの割引のために大きなリスクを払う必要はありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加