クリームでスキンケアの達人に!選び方から塗り方、タイミングを解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

冬は手や全身が乾燥し、メイクのりも悪く、かさついた肌になりがちです。さらに、水仕事での肌荒れも避けて通れませんよね?そんな冬に欠かせないクリームについて紹介します。ハンドクリームの成分と選び方、ボディクリームの効果について、クリームは濡れたまま使って良いのかどうか、好きな香りでケアすることのメリットについてまとめました。

ハンドクリームの成分と選び方

水仕事が多い人や冬場は、手の乾燥が気になります。手は目につきやすいところで、みずみずしい手は若々しく感じられます。手入れをこまめに行って、乾燥を防ぐようにしましょう。手の乾燥を防ぐには、ハンドクリームの使用が効果的です。ハンドクリームには様々な種類があり、配合されている成分にも違いがあります。肌の状態に合わせて、自分にぴったりのハンドクリームを選びましょう。

ひびやあかぎれが気になる人は、手の傷の修復を早め、乾燥から手を守る事が重要です。血行を促進し、皮膚の修復に必要な栄養素を手に届けるため、ビタミン系が配合されているものを選びましょう。血行促進や、新陳代謝の活性化を促します。また、保湿成分であるヒアルロン酸やセラミドが含まれているものもおすすめです。

傷になってしまった箇所は、添加物が配合されていないワセリンで保護しましょう。角質で固くなってしまった場所には、尿素配合のハンドクリームが効果的です。尿素は、角質を除去し、皮膚を柔らかくするという、ピーリングのような働きがあります。それによって、手の肌のターンオーバーを正常にします。ただし、刺激が強いので、傷口や敏感肌、角質の少ない肌への使用は控えましょう。

季節に合ったボディクリーム

乾燥肌の人が悩んでしまうのが、ボディケアです。冬は保湿に特化しているこっくりとしたテクスチャーのクリームを選ぶことで保湿をし、乾燥を防ぐことができるのですが、春から夏にかけて暑くなる季節はこっくりとしたテクスチャーの商品ではベタ付いてしまうということがあるのです。

春から夏にかけては乾燥もあまり目立たないということもあり、ケアを怠りがちになってしまいますが、日焼けなどで肌が傷んでしまっている場合もありますので、春から夏にかけての暑い季節でもボディケアはとても重要なのです。

春から夏は汗をかきやすい季節でもありますので、こっくりとしているテクスチャーの商品よりも、さらっとしていたり、付け心地がひんやりとするようなクリームを使用することによって、暑く汗をかきやすい季節でも乾燥を防ぐことができるのです。

夏は紫外線などで肌が傷みやすい時期でもありますので、お風呂上がりにはしっかりとケアをすることによって、お肌を守ることができ、いつでもつるつるの肌でいることができるのです。春から夏は特に肌を見せる機会の多くなる季節でもありますので、しっかりとボディケアをすることで、自分の肌に自信を持つことができるようになるのです。

全身に使うことが出来るクリーム

全身に使うことが出来るクリームを購入すれば、気になる部分の乾燥をケアできるようになってきます。顔だけではなく、全身の肌が乾燥しやすい方は、クリームを使うことで、肌の乾燥を防止できるようになってきます。肌が乾燥してしまうことで、皮膚がカサカサになってしまったり粉をふいてしまうこともありますので、乾燥が酷い方は全身用のクリームを使ってケアを行ってみるとよいでしょう。

全身用のクリームについては、体のケアに使えるだけではなく、顔にも使うことが出来るものも存在しています。体のどこにでも使うことが出来れば、それぞれの部位ごとに商品を購入する必要がなくなってきますし、一つの商品だけでケアを行えるようになるのです。

たくさんの化粧品を購入する費用がもったいないと感じたり、複数の化粧品を管理するのが面倒に感じてしまう方でも、楽に使っていくことが出来るでしょう。クリームを購入するときに、部位に関係なく使うことが出来るものを購入しておくことで、ケアも簡単になってきますが、旅行に行く時にも一つの化粧品だけ持っていくだけでケアすることができるため、荷物を減らすことが出来ます。出かける機会が多い時には、トータルで使うことが出来る商品を購入しておきましょう。

クリームは体が濡れたまま塗ること

最近では全身に使用することができるこっくりとした硬めのテクスチャーのクリームがとても人気となっています。しかし硬めのテクスチャーのクリームは伸びが悪いため、思うように塗ることができないという人も多いのです。そこでおすすめの方法が、お風呂上がりの濡れたままの状態でクリームを塗るという方法です。

体に水滴が付いているため、その水滴でクリームの伸びが良くなりますし、体が温まっているので、柔らかくなるということもあるのです。濡れたまま塗るというのは一見斬新な方法に思えるのですが、体を拭く手間も省くことができますし、全身をしっとりとさせることができるので、ズボラな人にはとてもおすすめの方法なのです。

硬めのテクスチャーのクリームは、保湿にはとても向いているのですが、かなり扱いにくいため、こういった斬新な方法で塗ることが一番おすすめなのです。もっと保湿効果を高めたいという人は、全身に化粧水をかけてから塗るという方法を取ることによって、柔らかいテクスチャーにすることができますし、伸びもよくなりますので、とてもおすすめなのです。顔に塗る場合も同じく、洗顔後、顔に水滴が付いている状態で塗ることによって、伸びを良くする事ができるのです。

良い香りのクリームでケアする

香りの良いクリームを購入すれば、体の中から肌の状態を整えることが出来ます。お肌は、ホルモンの状態に大きく左右される為、ホルモンに効果的なケアも必要となるのです。とくに、香りの良いクリームを使うことで、精神的に落ち着いた状態でケアを行えるようになるため、ホルモンのバランスを整えられるようになるでしょう。

香りのあるクリームの中でも、人工的な香料を含んでいるものもありますが、化学的に合成したものを使ったとしても、体に良い影響を期待することはできません。化学的な香料は、精神的にストレスを与えてしまったり、肌にも刺激が強く出てきてしまうのです。ハーブや花から抽出した成分を使っているクリームであれば、ホルモンのバランスを整えたり、精神的なストレスを解消しやすくなってきます。

花やハーブから抽出した香りは、軽く香るため気分よく使うことが出来ますし、アロマ成分をお肌に使うことで保湿を行えたり、炎症を抑える効果を期待できるようになるのです。クリームの中には、無香料で作られているものもありますが、心のバランスやホルモンの状態を改善したいときには、花やハーブから抽出したアロマ成分が入っているものを選んでみるとよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加