プチプラの美白化粧水ってどうなの?プレ化粧水や肌断食について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美白化粧水にはとても効果なものから、ドラックストアで変える安いものまでたくさんありますよね。プチプラな美白化粧水を使うのは実際どうなのか、プレ化粧水の活用法について、パッティングについて、肌の保湿について、肌断食とは、美白を保つメイクについての情報もまとめました。

プチプラの化粧品で美白を行う

美白を行いたいときには、高級な化粧品でないと効果を感じられないというイメージもあるのですが、プチプラのものでも効果を感じることはできるのです。プチプラのものであっても、お肌に対して効果の高い成分を配合しているものも存在しています。

値段が安い化粧品は、原材料費も抑えられているため最新の成分を配合することは難しくなってきますが、昔から美白に利用されている植物成分を配合しているものを使うことで、お肌のくすみを解消しやすくなるのです。美白に効果的な植物成分を使うことで、お肌に対する刺激を防止できるようになるため、敏感肌の方でも使っていくことが出来るでしょう。

ただ、プチプラの化粧品を購入するときには、配合されている成分についての濃度も確認しなければなりません。美白に効果的な成分を含んでいたとしても、配合している量が少なければ、十分な効果を期待できなくなってしまうのです。配合成分の量については、成分表に明記されている順番を確認することで、簡単に把握できるようになってきます。

記載されている順番が先に書かれているものを使うことで、プチプラの化粧品でも利用することで、美白に対する効果を感じられるようになるでしょう。

美白にプレ化粧水を活用

美白にはプレ化粧水を活用するとよいです。いつものスキンケアにプラスするだけですから、気軽に始めることができます。美白効果を高めるためには、肌にしっかりと成分を浸透させることが大切です。プレ化粧水を洗顔後、いつもの化粧品を使う前に使用することで、いつもの化粧品の成分の浸透がよくなります。

肌が柔らかくなり、いつもの化粧品の浸透がよくなりますので、乾燥が気になる方にも効果がありますし、美白化粧品の効果が実感できないという方にも向いています。また、美白のためには保湿も重要ですから、高い効果が期待できます。

プレ化粧水は、ブースターや導入液などとも呼ばれているものであり、様々な商品が発売されています。自分に合ったものを選んで利用することができますので、探してみると良いです。化粧水のタイプだけでなく、美肌効果の高い美容液のタイプもありますし、ジェルなどのタイプもあります。

化粧品は自分の肌に合っていることが重要ですから、自分の肌に合っているものを選びましょう。また、継続することも大切ですから、コスパの良い化粧品を選んで利用するのもオススメです。成分が浸透するようになると効果も違ってきますので、予算が厳しいという方は、全体を見直してみるとよいです。

美白効果のあるパッティング

美白肌をつくりあげるためには、水分を保持してうるおいのある状態を保つ必要があります。少しでも乾いているとキメが乱れやすくなり、それが影となってくすみが生じてしまうからです。そんな美白の肌に大切なのは、負担をかけずにスキンケアを行うことです。

特に注意したいのは洗顔のあとの化粧水を使うとき、パッティングで圧力を加えすぎてしまうと、シミができやすいという点です。顔の皮膚は体に比べて薄いと言われており、少しの刺激でも敏感に反応してしまいますし、それによる肌トラブルも発生しやすいのです。

このことを頭に入れながら、化粧水のパッティングをしなければいけません。その方法は手を使って直接顔を包み込むような感じでつけていくか、コットンに液を染み込ませ、それを使って顔に浸透させていくかのどちらかになります。

どちらもそれぞれにメリットがありますので、好みや肌の状態によって使い分けたいです。こういったパッティングで大事なのは、肌への摩擦を避けるために、叩いたりこすったりするのではなく肌に乗せる感じでやさしく行うということです。

また、肌が弱い人は刺激の強い成分が配合されているだけで、過剰に反応してしまい、それが肌荒れにつながる可能性もあります。このように正しいパッティングにて、肌のくすみやシミ、肌荒れなどを予防することが、美白肌への近道だと言えるのです。

肌の美白と保湿は代謝を上げることが大切

年齢を重ねていくと肌の美白が遠のき、水分量も減るので保湿もされにくくなります。美白や保湿をするためには代謝を上げることが大切になります。代謝が下がると肌の入れ替わりが遅くなります。いつまで経っても古い角質から新しい角質に生まれ変わらないので、綺麗な肌にはならないのです。

日常生活で出来る代謝を上げる方法は水を飲むことです。人の体の半分以上は水で出来ているので、この水が不足してしまうと代謝が下がったり、肌が乾燥したりしてしまいます。水を毎日2リットル飲むことで代謝が上がるので、肌の保湿もされ、肌の入れ替わりも早くなります。

肌の入れ替わりをするためには肌を作るものが必要になってきます。その肌を作るものはタンパク質です。タンパク質は動物性と植物性があり、動物性はお肉や卵で簡単に取れますが、植物性は大豆などでしか取れないので、植物性はプロテインを活用すると効率よく取ることが出来ます。

タンパク質は動物性と植物性のバランスが大切です。その他に肌を美白にするための方法はビタミンC誘導体が入った美白化粧品をつけることです。ビタミンCは体の中から吸収するよりも化粧品から肌に吸収させた方がダイレクトに届くのです。なので、毎日ビタミンC誘導体が入ったものを使うと肌が美白になるのです。

肌断食で本当の美白になる

日頃のメイクアップやクレンジングに疲れたお肌に、スキンケアなど何も手を加えずに、お肌本来の機能を取り戻す事を肌断食と呼びます。スキンケアを頑張る事は良いのですが、それが過剰になり、色々な美容液などに頼り過ぎてしまうと、お肌の力が低下してしまいます。また、メイクアップやクレンジングも、正しく行っていたとしても、時にはお肌に休養を与えてあげると良いです。

肌断食は、慣れてくると本当に、洗顔後にお肌に何も手を加えなくても良いのですが、初心者のうちは、洗顔後にお肌の突っ張りや、乾燥から痒みなどが出てしまう事がありますから、断食と言っても最低限のスキンケアだけをすると良いです。そして、これを休日など、あまり外出する予定の無い日に、定期的に行う事により、スキンケアを何もしない肌断食ができるようになるのです。

こうして、肌本来の機能を取り戻したお肌には、それまで以上に美白などのスキンケアの効果を実感できるようになるのです。お肌のキメも整うので、単にお肌を白くする美白だけではなく、美しく色白の肌を手に入れる事ができるのです。これこそが本当の意味での美白になるので、是非実践して欲しいスキンケアの方法の1つです。

美白を保つメイクのポイント

抜けるような白い肌は日本女性の永遠の憧れです。そのために美白ケアを心がけている方もたくさんいらっしゃることでしょう。しかしスキンケアはがんばっても、美白をキープするためのメイクがどんなものなのかという知識は意外に知られていません。

まず、美白に有効な成分が含まれたスキンケア効果のあるメイクアップ化粧品を使うという方法があります。これはうるおいを与えるような成分でも効果があります。しみの原因は乾燥肌によるターンオーバーの乱れにあるからです。こうした効能や有効成分は化粧品のパッケージに謳われているので気づきやすいものです。

また紫外線防止効果、SPFの表示があるものも、シミの原因になりがちな紫外線を防いでくれるので有効です。見落としがちなポイントは、シミの原因を作らないような化粧品を使うということです。実はメイクアップ化粧品の中には色素沈着を起こすような色素を使っている化粧品があります。

特にチークやアイシャドウなどに配合されていることの多いタール色素は、色素沈着の原因になってしまうことが知られています。本当に美白を心がけるならば、メイクアップ化粧品にも気を使うのがオススメです。いわゆるオーガニックやミネラルコスメを選ぶようにすると、タール色素フリーの商品に出会うことができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加