気になる期間はどのくらい?医療脱毛の基礎知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医療脱毛の簡単なしくみについてご存知ですか?医療脱毛するなら知っておきたい基本的な通院期間や時間、学生でも受けれるのか?生理期間はどうしたら良いのか?気になるメリット・デメリットを徹底解剖しました。

医療脱毛のメリットとデメリットとはなにか

ムダ毛の自己処理を行っていると、肌トラブルを起こす可能性が高くなります。剃ったり抜くだけではすぐにまた生えてくるため、何度も処理をしなければならず、肌に負担をかけます。繰り返す刺激で黒ずみや色素沈着が起きたり、誤った方法で処理をすることで乾燥や埋もれ毛を引き起こすのです。

そこで医療脱毛を行うのも一つの方法です。医療脱毛で使われているレーザーは、毛の再生指令を出す毛乳頭を破壊することで毛が生えてこないようにする方法です。脱毛サロンでのレーザーとは機械が違い、より効果を発揮してくれるのです。医療脱毛のメリットとデメリットとは何でしょうか。

メリットは、医療行為なので医療従事者が施術を行ってくれます。カウンセリングも医師が行い、レーザーの出力は肌に合わせて調節してくれるので肌トラブルが起こりにくく安全性が高いのです。一回の効果が高いため脱毛効果を実感しやすく、広範囲の処理にも時間があまりかかりません。

デメリットは、最近では少し費用が安くなってきていますが、サロンでの脱毛に比べて費用が高いことが挙げられます。確実にムダ毛をなくしたい人や、安全性を求めるのであれば医療脱毛はその期待に応えてくれるはずです。

医療脱毛のしくみについて

むだ毛が気になっておしゃれが楽しめなかったり、肌荒れがひどくて自己処理のたびに荒れてしまう人には、医療脱毛がおすすめです。医療脱毛は、光を使って脱毛するというしくみで、安全性が高いことが特徴の脱毛方法です。脱毛をすることにより、自己処理が減ったり、必要なくなったりするため、肌荒れを防ぐ効果も期待できます。

医療脱毛は、美容皮膚科などの医療機関で受けることができる脱毛です。最近、多くの人に選ばれているのは、光を使って脱毛する、医療レーザー脱毛で、特殊な光を当てて、メラニン色素と反応させ、生じた熱で毛根を破壊するしくみの脱毛です。医療レーザー脱毛は、フェイシャルエステなどのフォトと同じ効果もあるので、肌を滑らかにし、みずみずしく整える嬉しい効果もあります。

医療レーザーの光は、メラニン色素だけに反応するので、肌の他の部分への影響はほとんどなく、安全性が高い施術です。また、医療脱毛は、美容皮膚科などの病院でのみ受けられる施術で、医師が、病歴や肌質、毛質やアレルギーなどをしっかり見極めて、カウンセリングをしてから、施術するので安心できるというメリットがあります。痛みがある人がいますが、病院なら、麻酔クリームを塗ってもらうこともできるので安心です。

アトピーでも医療脱毛ができる

医療脱毛で使用するレーザーは、皮膚の表面を通過して、毛の生える組織である毛根や毛乳頭のメラニン色素だけに反応して熱エネルギーにより破壊します。肌の表面にはダメージがないことから、アトピーの人でも医療脱毛することが可能です。

カミソリや毛抜きなどで自己処理をするとカミソリ負けをしたりと肌への負担がかかります。そのため、医療脱毛をして自己処理をしないで済むようにしたほうが、肌負担を少なくできます。また、医療脱毛では、ひとりひとりの肌質や毛質に合わせて機種が選択できるようになっていたり、レーザーの出力を調整することが可能なため、安心して施術を受けることができます。

アトピーの人でも安心の理由には、医師とスタッフと2度のカウンセリングを受けることができる病院が多いです。カウンセリング時に肌の状態などをチェックし、どうやって脱毛していくかを相談することができます。希望すれば、テスト照射を受けることができる病院もあります。

肌の状態によっては、症状が落ち着いてから受けたほうが良いケースもありますが、医師と相談した上で判断します。万が一の場合でも、すぐに医師による診察を受けることができるメリットもあります。

医療脱毛でもてんかんの方は施術は難しい

エステサロンなどではてんかんの症状がある方の施術を受けつけていません。その理由として、施術中に症状が出てしまった時に対応できないからです。

脱毛などの施術がてんかんの症状を引き起こしてしまうといったことはありませんが、この症状はどのようなときに発症するのか分からない病気で、もし施術中に発症してしまい発症したことで被害を被ったと店側を訴える方もいる可能性もあり、エステサロンなどではまずこの症状がある方の施術は受けつけていません。

医療機関である医療脱毛なら大丈夫と考える方もいるかもしれませんがそうでもありません。医療機関といっても医療脱毛を行っているクリニックのほとんどが皮膚科の専門医でありてんかんの専門医ではありません。そのため、クリニックでも断っているところもあります。

しかし、クリニックの中には主治医の許可があれば受けてているクリニックもあります。てんかんの症状があり脱毛の施術を受けたいとお考えの方は、そういったクリニックを探す必要があります。間違っても黙って施術を受けるのはお店やクリニックに迷惑をかける場合もあるので駄目です。医療脱毛を行っているクリニックでしっかりとカウンセリングをしてくれるところで施術を受けることが大切です。

最近の医療脱毛は学生でも受けられます。

我々女性は、身だしなみとしてもムダ毛の処理が欠かせないものですが、自分で行う処理は何かと問題も多いので、出来ればプロのお手入れを受けてみたいと考えている方も多いようです。

最近はエステサロンでの脱毛ケアが、非常にリーズナブルな料金で受けられるので、学生などお金がない方でも気軽にチャレンジできるようになっているようですが、このブームとともに、脱毛サロンにおける苦情やトラブルも多発しているようなので、満足のいく仕上がりを手にしたのであれば、少し慎重に考えなければなりません。

美容系のクリニックで受けられる医療脱毛は、効果が高い分、値段が高いとか痛みが強いとかいわれてきましたが、最近ではそのような問題は改善されており、学生でも難なく受けられるようになっているようです。

また最新医療脱毛器は、かなり痛みが緩和されており、それほど苦痛に感じることはなくなっているようですが、それでも不安に感じる方は、医療機関ゆえのお薬処方ができるので、医師に相談して見ると良いでしょう。医療脱毛は、医師が行うという点から考えても、お肌への安全性は高く、脱毛ケアによる肌トラブルを未然に防ぐことも出来ます。また非常に効果が高いので、永久脱毛が叶えられます。

医療脱毛の通院期間はどのくらいでしょうか

脱毛には、大きく分けてエステで行うフラッシュ脱毛と、クリニックで行う医療脱毛があります。この医療脱毛は、特に濃い体毛にはかなりの効果があります。では、医療脱毛でムダ毛処理をする場合は、どのくらいの期間通院すればいいのでしょうか。個人差もありますが、大体1年から1年半の期間であると考えておくといいでしょう。

意外に長くかかると思われるかもしれません。元々医療脱毛の通院回数は6回なのですが、毎月通うわけではないので、最低でも1年はかかります。では、なぜ通院が毎月ではないのでしょうか。それは、毛周期に合わせて処理を行うためです。この毛周期とは、体毛が生え代わるサイクルのことです。

脱毛処理をする場合は、その時々で皮膚の表面に生えている毛を処理して行きます。その時点で、まだ生えて来ていない毛の処理を行うことはできません。次に毛が生えて来るのは2、3か月後ですので、それを待って次の処理を行うわけです。このため、長期間の通院が必要になるわけです。

ですから、来年の夏までに完全に脱毛したいから、クリニックの医療脱毛を利用しようとする場合は、その前年の夏から始めておくといいでしょう。また人によっては、6回通っても完全に脱毛出来ないこともありますので、早めに準備しておくのがお勧めです。

生理中もできる?医療脱毛

毎日のムダ毛から解放されたいと思って、医療脱毛や脱毛サロンを利用する人も多いです。専門の機関で脱毛するメリットは、自己処理で起こる埋没毛や毛嚢炎、色素沈着などのリスクが低くなることです。また肌トラブルを起こしてしまった時でも、医療機関なら専門の先生に相談できますし、エステサロンでの脱毛は保湿や美肌効果があるアフターケアがメリットといえます。

基本的に自己処理の場合でもそうですが、医療脱毛や脱毛サロンで施術するとき、生理中の場合は施術をおすすめしていません。生理中はホルモンのバランスが崩れているため、肌トラブルを起こしやすいのです。医療脱毛の主流はレーザー脱毛ですが、レーザーの光を当てることで毛母細胞を破壊し、毛が生えてくるのを抑制します。

生理中は肌が敏感になっているので、レーザーを当てることで、いつも以上に痛みや刺激を感じることがあります。生理中は、ヘアカラーやパーマを避けた方がいいというのと同じです。頭皮が敏感になり、肌荒れや薬剤のニオイで気分が悪くなることがあるからです。

妊婦さんの場合も、同じようにホルモンバランスが崩れているので脱毛は避けたほうがいいです。肌トラブルとともに、刺激で陣痛を引き起こすリスクもあります。妊娠中はホルモンの影響で多毛になりやすく、脱毛効果がないという理由もあります。

たるみをなくす痩身や医療脱毛を受けたいときは

冬はコートやブーツで体型を隠すことが出来ますし、ムダ毛が濃いことが誰かに知られる心配もありませんが、夏になると薄着になるので、そうはいかなくなってしまいます。たるみが目立つようになりますし、両わきやひじ下、ひざ下などのムダ毛もはっきり見られるようになるので、本格的な夏が来るまでには何とかしたいと思っている方もあるかも知れませんね。

たるみをなくす痩身や、ムダ毛をなくせる医療脱毛の施術を受けたいときは、美容クリニックに行くことをおすすめします。ネットや本で調べれば、多数の痩身法が紹介されていますが、いざそれを実践しても、なかなか成功しないことがほとんどです。

体のあちこちに生えているムダ毛の処理に関しても、カミソリなどを使ったところで、一時的にしか綺麗になれないので意味がありません。しかし技術に定評のあるクリニックに行けば、効果の高い痩身や医療脱毛の施術を受けられるので、女性らしい理想の見た目に生まれ変わることが出来ます。

痩身や医療脱毛は、通常はそれなりに高い料金がかかりますが、キャンペーン時には安くなることが多いので、学生やフリーターなど、あまり収入の多くない方は、それを狙って申し込むようにしてください。

妊娠中に医療脱毛を控える理由

施術箇所に関係なく医療脱毛による施術で子宮や胎児には基本的に影響はないとされています。しかし、妊娠中は、医療脱毛は控えることを推奨されます。控えた方がよい理由として、医療脱毛の施術の痛みにより陣痛を誘発したり、痛みがストレスや刺激になり母体に良くないことなどがあげられます。

また、女性ホルモンが変化することで、肌質が変化したり、発毛状態に変化があらわれます。脱毛効果を得るためには、毛周期に合わせて施術を行う必要があるため、ホルモンバランスが通常に戻るまで待ったほうが良いとされています。

妊娠中は、急に吐き気やめまい、気持ち悪くなるなど予期せぬ体の変化が訪れることがあります。特に、妊娠初期は、精神的にも肉体的にも身体の変化により不安定になっています。安定する後期に入っても、お腹が大きい状態では長時間同じ体勢が難しかったり、うつぶせになることができなくなります。

妊娠中は、できるだけ肌や母体に負担をかけない方がよいとされています。そのため、自己処理を行う場合でも電気シェーバーなどを使い、できるだけ肌に負担をかけないようにする必要があります。妊娠するとその期間は脱毛ができず、子供を産むと通う時間や経済的な余裕が無くなる人が多いため、医療脱毛は、結婚前にすませておく人が多いです。

医療脱毛は時間がない人にもお勧めです。

女性は身だしなみとしてもムダ毛の処理をしなければいけませんが、自己処理ではあまりきれいには仕上がらず、すぐにまた生えてきてしまうので、プロの手による脱毛ケアに切り替えたいと考えている人も多いようです。

最近ではエステサロンでの脱毛ケアが、軒並み低価格に引き下げられているので、試しやすくなったと注目されているようですが、思ったほど効果が出ないとか、何度もお手入れに通わなければならないといった問題を挙げている方も多く、時間がない人には不向きです。

これに比べて、美容外科クリニックや美容皮膚科などの医療機関で行っている医療脱毛は、医師が施術を担当することから、高い出力の出る脱毛機器の使用を認められており、その結果、少ない回数でも完璧な処理が可能となり、何度もお手入れに通う必要はありません。

医療脱毛なら、私たちが望む永久脱毛も叶えてくれるので、処理が完了すれば、もう二度とムダ毛に悩まされることもありません。医療脱毛は、一回一回の施術でも高い脱毛効果が期待できるので、お手入れに通う時間がそれほどとれない方でも無理なくチャレンジでき、満足のいくツルツルの仕上がりを手にすることが出来るでしょう。最近では痛みの少ないレーザー機器も開発されており、人気が高まっているようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加