生理中でも痩身エステは受けられる?エステ利用に関する知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

痩身エステは、ただ施術を受けていれば痩せていくというわけではなく、自分でも食事や運動に気を付ける必要があります。そのため自宅でどのようなケアをするべきかということも大事になってきます。今回は、痩身エステに通う際に着けておきたい知識や疑問についてまとめました。

豊富な知識を駆使してくれるダイエットエステの探し方

男女問わず、ダイエットへの関心は非常に高くなっています。その背景には、美しくなりたいという願望もありますが、近年のダイエットでは、健康のために痩せたいと考える方も非常に増えてきています。

健康診断で、痩せる事を勧められた方もいるでしょうし、モデルのようなスタイルに憧れている方もいますが、ダイエットエステでは、様々な人の要望に応えられるように、多くの知識を集めて、ダイエットができるようになっています。ダイエットエステを利用して、ダイエットを進める場合は、お店選びが非常に重要になってくるでしょう。

現在ダイエットに関する様々な最新情報がありますが、常に勉強していく姿勢が必要で、プロ意識を持ってエステサロンをやっている企業を選ぶことが大切です。常に勉強することで、知識も非常に豊富になりますし、様々な方の要望に応えることもできます。

利用者も前向きに利用する必要がありますが、エステサロンにも前向きに取り組む姿勢が必要になります。なのでお店を選ぶ場合は、利用者の悩みに関して、親身になって対応してくれるお店を利用することが大切です。初めて探す場合は、体験談や口コミを頼りに、お店を選ぶと良いのではないでしょうか。自分にぴったりなダイエットエステを探してみましょう。

痩身エステのために必要な知識は

痩身エステを受けるにあたって知っておくべきことは、マシンの種類や性能ではありません。施術の効果を持続し活かすためには、自宅でどのようなケアをするべきかということです。痩身エステは、ただ施術を受けていれば痩せていくというわけではなく、自分でも食事や運動に気を付ける必要があります。

リンパの流れや血流が整えられると、老廃物が体外に排出されやすくなり、自然と脂肪も燃焼されやすい状態になります。この状態だと、食事制限や運動の効果も出やすくなります。また、酵素やアミノ酸などのサプリメントを飲むことで、エステの効果をサポートすることができるでしょう。

エネルギー消費効率を上げたければ運動前に、良い睡眠をとって美容にプラスの効果が欲しいときは就寝前に、などなりたい自分に応じて飲む種類や時間帯を変えることも必要です。食事は一食をスムージーに置き換えてみると、さらに体重の変化が見られるでしょう。

体も軽やかになり、体重の停滞期などには特におすすめです。サプリメントやスムージーは、エステサロンのアドバイスを受けられる場合がありますので、エステティシャンに相談してみましょう。このように様々な知識を駆使して、痩身エステの効果をよりアップさせてみませんか。

生理中の痩身エステの利用を考える

痩身エステを利用するとマッサージや美容マシンなどの利用で、効果的にスリムにしてもらうことができます。そして痩身エステの施術は一度で終わるのではなく、コースを組んで、何度か施術を繰り返すことが一般的です。施術を終えたあとは次回の予約を行うこととなりますが、そのときに生理にあたってしまうこともあります。

できるだけそうした日に当たらないよう考えて予約を取ることも大事ですが、生理の周期は乱れることもありますので、突然始まってしまうこともあるものです。生理中のエステの施術が行えるのかも知っておきたいですが、まず太ももやヒップなどの下半身の施術の場合は出血でベッドを汚したりする可能性もありますので、避けることが一般的です。

上半身の施術だけなら行えるイメージもありますが、生理中はいつもより肌が敏感になっていたり、体調も変化しやすいので、やはり避けておいたほうが無難でしょう。全身の血行が良くなることで出血が増えてしまう場合もありますし、無理な姿勢を長時間続けることも良いとは言えません。施術は体調が良いときに行うことが大切ですので、もし生理に当たってしまったら、早めにキャンセルし、次回の予約を取っておきましょう。

痩身エステに行く時期と生理前

痩身エステに行くのはいいのですが、どんな時が一番のタイミングなのか悩む人も少なくありません。痩身エステに通うのでベストなタイミングとしては、生理が終わった直後がいいと言われています。それは、生理が終わった直後というのは、とても痩せやすい時期なのです。そのため、効果も出やすく、最も期待できる時期なのです。

逆に生理前という時期は、いらいらしやすい時期でもあります。むくみや頭痛もおきやすい時期となっています。出血に伴う栄養不足を補おうとして、身体が水分や塩分、脂肪を蓄える時期なのでダイエットには向かないのです。生理が終わったあとは、デトックスの時期です。そのため、ダイエットにぴったりの時期なのです。

代謝アップや、デトックス効果の高い漢方なども効果がのぞめます。痩身ダイエットに通うことで、最も効果が期待できる時期です。このように女性は、生理前か後かによって、期待できる効果も全く違ってくるので、しっかりと知っておくことが大切です。

たいていのエステサロンであれば、いつが効果が出やすい時期なのかどうかきちんと説明してくれるものです。しっかりと把握をして、痩身サロンは、生理前には控えることをおすすめします。

ダイエットエステは妊娠中は避けましょう

ダイエットエステは妊娠中は絶対に受けないようにしてください。妊娠中は普段よりも太ってしまいますが、これは赤ちゃんの分の体重であったり赤ちゃんに栄養を与えるためであり決して異常ではありません。ですのでそもそも痩せる必要が無いのです。それよりもダイエットエステは赤ちゃんに対するリスクが高いのです。

例えばエステではラジオ波を使うことがありますが、これが赤ちゃんには刺激となり流産の危険性があるのです。またハンドマッサージでも普段は心地よく感じられても妊婦さんにとっては体への負担となります。もちろん赤ちゃんにもいい影響がありません。

誰もが妊娠中は太るものだと思ってこの時は美容よりも赤ちゃんの方を優先してください。そもそもエステサロンでは妊娠している方への施術を禁止しています。まだお腹が目立っていない時期でも、妊娠している可能性がある場合でも避けてください。

痩身エステは出産してからにしましょう。妊婦さん向けのエステなどもありますのでもしも受けたい場合にはこちらを利用してください。ただしこちらは痩身マッサージはしません。あくまでもリラックスを目的としたものです。無理のない体制で優しくマッサージしてもらえます。

授乳中でも痩身エステはできる?

出産は女性の身体に大きな変化を与えます。下半身が太くなったり、おなかやお尻のまわりに脂肪がついてしまったりと、悩みを抱える人も多いのです。しかし、姿勢が歪んだり骨盤が開いた状態だと自己流のダイエットは成功しにくいのが現実です。

そこで有効なのが、ダイエットのためのトータルケアができる痩身エステです。それでは、授乳中の場合は痩身エステを受けることができるのでしょうか。授乳中は、禁忌とされている精油などがあり、使用するオイルなどに注意が必要です。また、痩身エステは全身を温めることから始まります。

これは、リンパの流れや血流を整えることにより老廃物を排出しやすくするためです。血行が良くなると母乳が過剰に分泌される場合もあり、施術に支障が出てしまう場合もあります。体質や母乳の量に注意し、心配があれば病院などで相談しましょう。

また、施術前のカウンセリングで必ずエステティシャンに授乳中である旨を伝えましょう。母乳の量や使用されるオイルなどに注意すれば、心置きなく痩身エステを受けることができます。育児中は知らないうちにストレスを抱えています。エステは育児の合間の気分転換にもなりますので、心と体に良い効果が期待できるでしょう。

ダイエットエステでメイクはしてかないほうがよいのか

ダイエットエステをはじめて体験するとき、意外に気になるのが、化粧はしてゆくべきかどうかです。しかし、気にすることはありません。通常化粧をしていっても、スッピンで行っても、必要があれば最初にエステティシャンの方が化粧を落としてから施術に入ってくれます。

受けるエステコースの内容によるとは思いますが、通常のフェイシャル体験では、最初に、マッサージなどとともに綺麗にクレンジングでメイクを落とすところから入ってくれます。なので、化粧の1回分を無駄にすると考えれば、スッピンで出かけても良いと思います。

まして自宅近くにサロンがある場合ならば、問題ありません。どうしても周りの視線が気になるのであればマスクなどをしてゆくのも良いでしょう。ただ、街なかなどにあるダイエットエステサロンなどで、気になる場合は、もちろん、ばっちりメイクでも良いでしょう。

サロンにはパウダールームなどが設置されているところもあり、ホームページなどで紹介している場合もあるので、帰りにもばっちりメイクで帰りたい方はチェックすると良いでしょう。またごくたまに、予約の確認の電話の時などに、化粧をしないでくるように、とサロン側からお話がある場合もあるようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加