あなたはできてる?美容液でしっかり保湿し美肌女子になろう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美容液って一体どんな役割を果たしてくれているのかご存知でしょうか?化粧水の役割は保水効果です。美容液には目的に合った有効成分が多く含まれている事が特徴となります。今回は、美容液の保湿力について、全身に美容液を使いたい場合について、美容液入りのリップやまつげ美容液についてまとめました。

美容液で体の保湿を行う

美容液で保湿をおこなう時には、十分な量を使うようにしましょう。美容液を使えば、肌の潤いを取り戻すことはできるのですが、使う時には充分な量をお肌に付けていく必要があります。量が少なすぎることにより、使った時に成分をお肌の奥まで届けることが出来なくなってしまいますので、ケアをおこなう時には、量にも注意してみるとよいでしょう。

量に気を付けることで、肌に潤いをもたらしていけるようになるのですが、使う時には顔だけではなく体のあらゆる部分にも使うことが出来るのです。お肌は顔部分だけではなく、ひじやひざなど乾燥しやすい部分も存在していますが、乾燥が酷い部分に付けることでお肌に潤いを与えられるようになり、乾燥も解消できるようになってきます。

また、美容液を体全体に付けることで、乾燥によるかさつきやひび割れを解消することが出来、すべすべのお肌に変えることも可能になるのです。美容液を使う時に、顔部分だけに使う方もいますが、美容液を化粧水代わりに体に使うことで、十分な栄養分を与えられるようになります。化粧水を付けただけでは、お肌の乾燥を解消できないという方は、化粧水代わりに濃厚な成分をお肌に与えるケアを行ってみましょう。

全身に使える凄い美容液とは

今、全身に使える美容液として注目を集めているのが、ホホバオイルです。口コミでも人気を集めており店頭のみならず、ネット通販などでも手軽に購入することができます。ホホバオイルは、ツゲ価の多年草であるホホバから抽出される天然のオイルとなっています。

ホホバオイルは、マッコウクジラと似た成分となっており、美容効果が抜群である点も人気の理由です。メリットと言えば、すべての肌質に合うため、敏感肌の方でも安心して使用することができます。さらに、保湿効果も抜群です。長期保存も可能となっており、理想的な美容液と言えるでしょう。

ホホバオイルに含まれている栄養成分は、アミノ酸やミネラル、ビタミンA、天然トコフェノールです。これらの成分は、皮膚の角質化や乾燥を防ぐことができます。さらに、細胞の活性化や血行促進効果のあるビタミンE、髪の再生を促進できるビタミンDなど優秀な成分が高配合されているのもホホバオイルのメリットです。

スキンケア効果があるだけでなく、アンチエイジング効果や育毛、紫外線防止、ニキビや吹き出物の発生を抑制したり、アトピー性皮膚炎のを改善するなど多くの嬉しい効果があります。また、ストレスなく手軽に使用できる点も人気の理由と言えるでしょう。

美容液入りのリップについて

唇は乾燥しやすく、荒れやすい部分です。水分不足などからも唇が荒れる事もあるのです。また、口紅などを落とさずに寝てしまった時なども荒れてしまいます。肌と同じでとても敏感な部分であると言えます。肌に化粧水や乳液またはクリームを塗って保湿するように、唇もケアが必要なのです。

しかし、唇に化粧水や乳液を塗るわけにはいきません。その為に、唇に美容液を塗れる美容液リップがあります。普通のリップは唇の荒れを防ぎ、皮がめくれるのを防ぐ効果があります。ですが、美容液リップは唇を保湿し潤いを与え荒れを防ぐ効果があります。

中には寝る前に塗ると寝てる間に唇に浸透し起きたら唇がふっくらするリップも出ています。また、UV効果があるものまで出ています。美容液は肌だけに塗るものではないという事が分かります。塗ったあとに、ラップをすると更に潤いが保たれます。特に女性はより高い効果を発揮できます。

女性の唇の方が柔らかく浸透しやすい為だからだと言えます。しかし、最近は男性の方でも唇のケアをされる方が増えており、男性用のものも出ています。また、有名人などもきちんとケアをされているので関心が高まっているのではないかと思います。潤いある唇を手に入れたいものです。

目元用美容液の効果的な使い方

目元は乾燥しやすく、小じわが気になる場所です。手入れを怠っていると、メイクのりがイマイチになってしまうばかりではなく、老けてみられやすくなります。日頃から美容液を使用して、生き生きとした目元を手に入れましょう。
美容液は、指先で少し温めてから目元に塗布します。容器から出したらすぐに塗るよりも、肌に浸透しやすくなります。

塗る時は、擦るのではなく、指の腹を使って優しくポンポンと叩くようにします。目尻や目頭、まぶたの際等の細かい部分も忘れないようにしましょう。たるみが気になる場合は、皮膚を軽く引き上げるようにすると、より効果的です。この時、目の周りの筋肉に沿って指を動かすようにすると、目元の血行促進になります。

目の周りの血流が良くなると、血色が良くなり、皮膚の新陳代謝が活発になるので、美容液の効果を実感しやすくなります。美容液を使用するにあたって、目の周りに触れる時はあまり力を入れすぎないようにしましょう。目の周りの皮膚はとても薄いため、刺激が強いと色素沈着を引き起こし、クマができる原因となります。そのため、せっかく使用している美容液が逆効果になってしまいます。優しく触れる事を心がけましょう。

まつ毛美容液について。

普段はつけまつげやエクステをつけているけど、付けていない時でも目元のボリュームを出したい!そう思ったことのある人も多いのではないでしょうか。しかしビューラーやマスカラ、まつ毛エクステやつけまつげなどは負担がかかり毛根やキューティクルを傷める原因にもなります。

そこでオススメしたいのが、まつ毛美容液を使用し自分でまつげを育てるという方法です。自分のまつ毛が長く濃く伸びるので、つけまつげやエクステのように接着する必要はありません。目をこすっても自分のまつげなので剥がれる心配がないというのも嬉しいですね。

エクステを着けていると、洗顔の際も目元を擦らないように気をつけて行わねばなりませんが、自分のまつげなどで洗顔も気にせずできます。など、まつ毛美容液での育毛はメリットがたくさんです。美容液の種類ですが、チップタイプと呼ばれるリップグロスのような柔らかいスポンジタイプのものや、マスカラタイプ・筆ペンのような形状の筆タイプといくつか種類があります。

オススメは根元までしっかりと塗れるチップタイプと筆タイプです。したまつげや生え際の細かい部部にも塗りやすいので、はじめての方にもオススメです。ただし、このタイプは美容液がたくさんつきやすいので塗布前に一度余分な液を落としてからつけるとよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加